リフォームは建物によってさまざま dequeldroit.net

リフォームをする際に確認すること
リフォームは建物によってさまざま

トップ » 不動産 » リフォームをする際に確認すること

投稿

運営方針

リフォームの内容と注意点

希望する人が増えているリフォームは、壁紙を張り替えたり、キッチンを新しいシステムキッチンにしたり、畳を入れ替えたり、さらに部屋の間取りを変えたりと言ったこともそうです。また手すりを付けたりと言ったこともそうです。カーテンを取り替えるだけでもそうなのです。

そして建物によって様々ですが、できてから3年くらい経つ頃から、たとえば木部の塗装ははげ始めますし、金属部分の塗装はサビ始めます。木部や金属部の塗り替えが必要になります。8年くらい経つ頃から、塗料や接着剤の劣化が始まります。壁紙の張り替えや外壁塗装などが必要になります。塗り替えや張り替えなどもリフォームです。

なお建物の一部を壊して作り直すことになりますから、最初に調査は行うものの、それを壊しをしてはじめて分かることがあります。たとえば浴槽を取り外したら、水漏れなどによって土台が弱っていて、補修が必要になることがあります。こうなると追加で料金が掛かります。また、リフォーム期間も延びることになります。予算も時間も、余裕をみておきましょう。なおその料金が500万円以上の場合は建築の許可が必要です。500万円未満であれば特に許可は必要ないです。