VOCの削減が求められる理由とは dequeldroit.net

VOCの削減はこんなジャンルにも
VOCの削減が求められる理由とは

トップ » 不動産 » VOCの削減はこんなジャンルにも

投稿

運営方針

VOC削減対策は夏場がポイント

VOCはなぜ削減が求められるのかご存知でしょうか。新築したマイホームに入居しても、新建材と呼ばれるクロスや合板、さらにはさまざまな接着剤や塗料などから放散される揮発性化学物質のにおいで、頭痛や吐き気、めまいなどシックハウス症状を生じる人がたびたびテレビや新聞で話題となります。シックハウスの報道がたくさん報じられ、社会の関心が高まったことを受け、国土交通省は、建築基準法を改正し、居室には必ず強制換気を施すこと、できるだけホルムアルデヒドを含まない建材を利用することが平成15年に定められ施行されました。

しかし規制されたのはホルムアルデヒドだけであって、類似のVOCは削減の対象外であったため、ホルムアルデヒドの代替品として、相変わらず建材や接着剤などに使用されているからです。

現代の建築技術では、化学物質を使わない建材は、ありえないため、入居前のVOC削減対策が必要です。最も有効な対策は、ベイクアウトといって、室内を40度以上に温度を高めて、化学物質を放散させてしまうという方法です。夏場であれば何もしなくとも気温が高いので、自然のベイクアウトです。室内が40度になったら、換気を行うことを繰り返すことが、効果的な対策です。