葬儀の大切さと年齢に合わせたマナー dequeldroit.net

葬儀でのお香典について
葬儀の大切さと年齢に合わせたマナー

トップ » 冠婚葬祭 » 葬儀でのお香典について

投稿

運営方針

葬儀に参列する上での確認

葬儀に参列すること、それは近しい人がなくなった場合なら子供のころから出ているので、なんとなく人がこの世を去ることという意味がわかります。人は成長していけば、生前お世話になった人との別れがいつか出てきて、参列する機会も出てきます。

物ごころつき、認識が出てきたころには、葬儀に参加をうることの大切さをしります。中学生ならば、制服で参列しお香典は出せない年齢なので両親やまたは担任の先生が代表して出してくれます。社会人になれば、個々で出すことはもちろんのこと、お香典袋に対しての認識を知ることも大切です。

このお香典袋ですが、御香典に御仏前、御霊前という表記があります。この3つの表記は、通夜や告別式に弔問にいづれの場合も出して良いものです。また、お香典袋の水引の下に名前を書き込みますが、黒墨で書いている人が多くいますが、本来は薄墨で書くのが礼式です。御香典袋に入ったビニール袋に、その用途が書かれていますので、良く読んでおきましょう。葬儀に対してのマナーが書かれています。意外に年配の人でも知らないという人はいます。冠婚葬祭などのマナーは袋の後ろなどに記載されていますので、これからは気にして見てください。