学校で勉強以外の学習もする意義とは dequeldroit.net

学校は勉強だけする場所じゃない
学校で勉強以外の学習もする意義とは

トップ » 学校

投稿

運営方針

春休みを使って学校外の成長をしてみよう

学校の長期休暇の中でも春休みは、休みの日数は少なくとも、宿題がないことが多く、自分の思うように過ごせたものです。新学期の準備を行う春休みですが、その過ごし方の一つとして、手帳やカレンダーを用いたスケジュール管理を行うのはどうでしょうか。一日に必ずやることを一つだけ書き込んでおき、それを一日のうち時間を見つけて実行します。一つ出来たら二つ、二つ出来たら三つと数を増やし、一日の時間のうちいつやるのかを決め実行する訓練をするのです。学校生活の中で身に付けにくい、自己管理能力を身に付けていくのも将来の自分の役に立っていきますよ。

気になる子供の学校の費用について

子供の成長に伴い、教育の費用はかなりの金額になります。保育園、幼稚園から始まり小、中学校、高校、大学や専門学校などにプラス、塾や習い事などを合わせるとその費用は莫大な金額になります。高校、大学などになると私立などの選択肢もかなり増えるので親としてはかなりの出費も覚悟しておかなければいけなくなってきます。子供の為に生まれた時からでも月々少しずつでも貯蓄をしていければ長い年月経てばかなりの金額になるので備えることが出来ていいですよね。教育ローンなどもひとつの手ではありますが長い年月をかけて返済するので後々が大変な感じがします。

学校の目的は生きるための知恵を学ぶ

学校に通う第一の目的は、生徒が将来社会で生きていく上で必要な基本的な学力を身につけるためです。そして、最大の目的は、社会で生きていくための他人との関わり方、そして自分の在り方というものを学ぶ場であるということです。「学校は社会の縮図」という言葉があります。さまざまな個性が一同に集まるクラスのなかで、個性豊かな仲間たちとどう協力していけばよいか、そのために集団のなかで自分の個性をどう生かし大切にしていくか、こうしたことをクラスのなかで学んでいくことで、勉強による知識だけでなく、将来生きていくための知恵を身につけることができるのです。