子供たちに大切な教育とはなにか dequeldroit.net

教育とはどうあるべきかを考える
子供たちに大切な教育とはなにか

トップ » 教育

投稿

運営方針

子供たちの教育を受ける権利について

義務教育と言う言葉がありますが、これは子供達が義務で受けるものではありません。逆に、子供の親が子供に対して受けさせる義務がある事からこのような言葉になりました。憲法にも規定されていることですが、日本では教育を受ける権利があるのであって、義務はありません。逆に、親達は子供のもつその権利を有するものに対して受けさせる義務はあるのです。近年では誤解が生じて、小学校や中学校へ行くことが子供たちにとっての義務だと思われてる節がありますが、実は逆なのです。子供たちは、小学校や中学校に行くことができることを憲法は保障しているのです。

教育への経済政策が国の未来を左右する

国力の元になるのは「教育」であり、その国の経済政策がその分野にどれほど投資できるのかで、国の未来が左右されるといっても過言ではありません。例えば、家計に余裕のある家では、塾など民間レベルでの課外授業を子どもに受けさせることができます。しかし、家計に余裕がなく子どもを塾に行かせることができない家庭も存在します。こうしたことから、学業成績に差が生じてしまう場合もあるのです。しかし、本来教育において「経済格差」は絶対に生じてはならないことです。各家庭の懐事情に関係なく、子どもに平等に学ぶ場を与えることができるように、学校などの公的機関へ十分な投資を行い充実させることが国の未来を明るいものにするのです。

憲法26条1項教育を受ける権利

日本の憲法では、国などによって子供たちは教育を受ける権利を侵害されることなく、国に、制度、施設を整え、適切な場を提供するよう要求できる権利を規定しています。それが憲法26条一項です。国民一人一人が、成長し、発達していく過程で、その人格形成、さらには人格完成のために、人間関係を築きながら、社会の一員となるために必要な学習をする権利があり、これを学習権といい学ぶ権利の中で最も大切な物です。また、内容や方法について決定する権利は、親や教師、国家がこれを有する(教育権)とし、実践するため、小学校中学校は授業料は無償となっています。