インプラントと骨の関係は重要です。 dequeldroit.net

インプラントを行う前に確認すること
インプラントと骨の関係は重要です。

トップ » 美容と健康 » インプラントを行う前に確認すること

投稿

運営方針

インプラントと骨の量について

歯を抜くと、そこにある骨と言うものは、歯を支える必要が無くなりますので、骨は衰退していくといいます。また、顎の骨と言うのは、歯のある場所により、骨の量となる密度が異なります。そのため、歯を抜いてから期間が経過している場合や、インプラントを入れる場所によってはそのままでは手術を行う事が出来ない事が有ります。

個人差と言うものが有りますので一概には言えませんが、そのままの状態ではしっかりとした土台を作り出せません。そのため、最初に骨の増量手術を行って骨の量を適切なものにするのです。尚、骨の増量手術と同時にインプラントの手術を行うケースと、骨の量が一定量になってから手術を行うと言う2つの方法があります。骨の増量手術と同時に構造体を埋め込む場合は、医師の技量に大きく左右されるものだと言います。

また、後から構造体を埋め込む場合は、手術を2度行うと言う事になりますが、安定した土台を作り出すことが出来ると言います。そのため、同時に行う事で失敗すれば、埋め込んだフィクスチャーを取り外しての手術が必要になる事からも、2度の手術を行う方がインプラントの成功率は高いと言います。